サントーシャ

サントーシャ

ただあるがままでいることが

これ以上ない幸せって言うこと。

これはヨガの八支則のなかのニヤマ(勧戒)にある教え。

サントーシャ。知足。足るを知る。

 

今あるもの、今あることが幸せだと感じて、再確認して、感謝しましょう。

ということ。

 

あたりまえのことが、幸せなんだと。

支えてくれて当然と思っていた家族。

その当たり前のことに感謝をする。

 

そうすると、戦闘体制だった自分が鎧を脱いでとても楽になりました。

ヨガを始めて何年たったか。

ここにたどり着くまでにようやく少しずつ深められた気がします。

 

ヨガは身体を動かすことが全てではないんです。

離れ離れな心と身体を一つにつなぐ。

これがヨガ。

 

 

自分の意識を内側へ向けて、

自分の内側にある幸せに気づくこと。

サントーシャ。知足。足るを知る。

 

 

ヨガは自分の内側をたどる旅でもあるんです。



関連記事

  1. サントーシャ
  2. 浪速区といえば人が多いので整骨院の出番も多いはず
  3. テスト